さぬきうどん野の香【非】公式ブログ

野の香店主のつれづれ日記

野の香店主のらーめん覚え書

野の香店主のらーめん覚え書【豚星。】@元住吉(川崎)

投稿日:2020年3月5日 更新日:

二郎系ラーメンの雄、元住吉の【豚星。】で、小ラーメン

二郎ラーメンの研究(その1)。東横線、元住吉の【豚星。】。ようやく訪問。

その前日にも来たんだけど、臨時休業だったので、翌日リベンジ。

話には聞いていた通り、ほんとに看板がまったく無いんだね。

運よく外待ちが無いと思ったら、奥に長い店内に、待ちのお客さんがズラーッと。ざっと10人ぐらい。

とりあえず入口の券売機食券を買って、並びます。

客層は、サラリーマン慶大生でほぼ9割って感じですかね。そこらへんは、二郎三田本店と似た感じです。

豚星。 メニュー

小ラーメン(麺少なめ、ニンニク少なめ)

この日は二郎系ハシゴする予定だったので、食券を渡すときに「麺少なめ」でオーダー。その他の好みはノーマルで。あ、いちおうニンニク少なめコール。

お、なんか美しいというか、のある盛りですね。迫力はもちろんあります。

ていうか、これで麺少なめ??大丈夫かな?

とりあえず、野菜(もやし、キャベツ)をムシャムシャ。ほー、シャキシャキ感を残した、野菜の茹で加減。ちょうどよい食感ですね。卓上にタレは置いていないので、野菜をスープに浸しながら食べるけど、やっぱり野菜を美味しく食べるにはアブラカラメがベストなのかな?と。あのドチャッとかかる背脂が美味いんでしょうね、きっと。

 

麺を引っ張り出してみる。平打ち麺ですね。茹で時間を見ていたら、たぶん8分ぐらい。しっかり茹で上げるので、かたいとかゴワっとした食感ではなく、しなやかな感じ。スープの乗りもいいですね。

スープは、いわゆる「非乳化」系。さっぱりとしつつも、豚の旨みが濃厚です。

 

お肉は、箸で持ち上げるとホロホロと崩れるほどに柔らかい。うーん、これはウマい。

他のお客さんは、汁なしを注文してる人も多かったな。常連さんには、それぞれ自分なりの好みの食べ方ってのがあるんでしょうね。地元民に愛される、繁盛店です。これは満足だわ。

 

 

豚星。 アクセス

野の香店主のらーめん覚え書

Copyright© 野の香店主のつれづれ日記 , 2020 All Rights Reserved.