さぬきうどん野の香【非】公式ブログ

野の香店主のつれづれ日記

48グループ劇場公演・コンサート観覧記

AKB48 思い出せる君たちへ ~A5th 恋愛禁止条例公演~

投稿日:

先週火曜日のTOKYO DOME CITYホール。A5th恋愛禁止条例公演。

今年の「思い出せる君たちへ」の中でも、一番観たかった公演。
なんといっても、13期14期研究生+大島涼花の“凱旋”公演ですからね。当たってよかった~
1)長い光
2)スコールの間に
3)JK眠り姫
4)君に会うたび 恋をする

…全体曲4曲を通して、誰が光ってるんだろう?って視点で見ていましたが、やっぱり西野未姫。大勢の中にいても、なぜか目立ってる。決して「うまい」わけじゃないんだけど、表現力がとても豊か。
 あとは、これもやっぱりこじまこ。後ろのポジションでも、こっちの目が持って行かれるさすがです。
 前田美月。この子もすっごく目立つ。「モデルが目標」って言ってるけど、美月こそ、本物の逸材でしょう。目算では(笑)、9等身はありそう。ダンスのパフォーマンスも、この半年で、ずいぶんとスキルが上がっている。うまくなってる。将来が楽しみです。
 涼花は…。たしかに抜群にうまいんだけど、率直に言うと、研究生の中に入ると、なぜか埋もれちゃう感じがしました。チームAの“ど”センターで踊ってる方が、光るんですよね、この子は。なんでだろう…?
5)黒い天使(橋本、村山、西野)
6)ハート型ウイルス(茂木、岩立、高島)
7)恋愛禁止条例(相笠、大島、岡田奈)
8)ツンデレ!(梅田、篠崎、北澤)…MCでもこの曲について触れてる子が多かったけど、ツンデレ!の振り付けって、けっこう奥が深いですね。じっくり見ると、面白い振りがたくさんある。
9)真夏のクリスマスローズ(内山、小嶋、岡田彩、前田)…名曲だなぁ。しかもこのメンバーがいいなぁ。
10)Switch
11)109(マルキュー)
12)ひこうき雲
…109(マルキュー)~ひこうき雲の流れって、勢いがあって、すごく盛り上がりますね。会場の一体感も素晴らしい。感動します。
13)あの頃のスニーカー
14)AKB参上!
15)ナミダの深呼吸
16)大声ダイヤモンド
17)掌が語ること

さっきも書いた、涼花がなんでイマイチ目立たないかって理由…。一つには、チームAには田野優花がいるってことかな。涼花優花、二人一組になると、両方とも光るんですよ。お互いのよい部分を引き出せるというか。
この2人に限らず、AKBグループのいわゆるエースって、2人で一対なんですよね。同じチームに、切磋琢磨し合える二人のエースがいるってことが大事なんだと思います。
Bまゆゆゆきりんしかり。S玲奈珠理奈しかり。N山本彩みるきーしかり。もっと言えば、前田敦子たかみな。あ、14期のこじまこ未姫もそうかも。
だんだん話が脱線するけど、去年の同じTDCホールでチーム4『僕の太陽』公演を観たときにも、次世代エース候補と言われてる川栄李奈が「なんで目立たないんだろう?」って思って、それからずっと気になってました。今思えば、川栄にはになる存在がいなかったからなのかな?と。対になるべきだった高橋朱里も、その頃はまだ今ほどの存在感はなかったし(今の朱里は、生まれ変わったかのようにすごいオーラを放ってますが)。
ま、今の川栄には、ハステとワステが付いてるからいいのか(笑)。

48グループ劇場公演・コンサート観覧記

Copyright© 野の香店主のつれづれ日記 , 2022 All Rights Reserved.